着物買取ランキング

遺品整理をしていたら母の形見の着物が出てきたけど、着ることのない着物ってどうすればいいの?処分方法といってもゴミとしてゴミ袋にいれて捨てるなんて簡単にはできませんよね。捨てるのは最後として、他にはどんな処分方法があるのかまとめています。

着物買取ランキング > 母の遺品 着物買取!どんな方法があるの?

遺品整理をしていたら母の形見の着物が出てきたけど、着ることのない着物ってどうすればいいの?処分方法といってもゴミとしてゴミ袋にいれて捨てるなんて簡単にはできませんよね。捨てるのは最後として、他にはどんな処分方法があるのかまとめています。

着物買取 母の遺品(形見)が出てきて困ってる



遺品整理してたら出てきた母の着物。
思い出がある母の着物だけど、思い切って処分したいけど捨てる以外にどんな方法があるの?

母の形見(遺品)だから簡単に捨てるなんてできませんよね。そのため自宅のタンスの肥やしにされてる方も多いと思います。
わかっているけど、もう着ることがないのにタンスの肥やしや押し入れの中で眠らせて場所を取っていませんか?
いつかなんとかしないとイケないと思いつつ、母の遺品だし、どうしようもないから放置し続けてる方も多いのではないでしょうか。

最近、ニュースの特集で着物買取や生前整理や遺品整理など、いろいろと片付けに困っている事を取り上げて特集している番組が増えました。
遺品整理をする会社も増えましたし、ゴミ屋敷のゴミをキレイに処分してくれる買取業者も増えました。

時代の流れ的に、思い切って着物の断捨離しよう!と思った時に、処分に困っているからって捨てる以外にもいろんな処分方法があるのでご紹介します。


実家の片付けや親の物を片付ける事が、子供の大きな負担になってきました。
大学や就職のために実家を出て都市に移住することで、実家から遠いエリアに住み、そこで結婚し子供を育てていくと、どうしても親と離れた場所で生活をすることになります。
親が元気なうちは年に1回か2回ほど里帰りすればいいけど、お父さんやお母さんの健康的に問題が出てくるといろいろと大変なことになります。

しかし、仕事があるため実家に看病に行くことも出来ず、遠くから見守る程度しか出来ず親に悪いと思いながら生活されてる方も多いと思います。
親が元気なうちは、そんな事は考えることはありません。

遠くで生活されてる方なら、余計に親が元気なうちに実家の整理をしながら親との思い出を話しながらお父さんとお母さんとの時間を過ごすのいいですよ。
亡くなってから後悔される方は多いので、少しでも後悔を減らすために大人になってから親との時間を作るのはおすすめ!

 

形見(遺品)の着物は捨てられない



母や祖母の遺品の着物が実家から出てきてけど、着るつもりのない着物だけど、思い入れがあって捨てられずに自宅のタンスや押入れに保管されてる方は多いですね。

いつか着る機会があるかも知れないし、もしかすると子供が着物を着るかも知れないから、捨てずにとっておく方も多いです。
もしもの時のために捨てずに取っておこうと、自宅のタンスや押入れにしまってしまうと、もう二度と出すことはありませんね。

捨てずに取っておくことで安心感もあるので、ずっと保管しておくことになります。置いておいても問題はないので、そのままの状態で放置することに!
ただ着物の保管は、シミや虫食いにならないように、定期的に虫干しなどメンテする必要があります。

普段の生活の中でメンテする時間を取るとしても、最初のうちだけです。時間が経てばもうほとんど忘れてるような状況になり、タンスから出すことも見ることもなくなります。
そんなことになる前に、出張買取で買取ってもらい、着物を着ないと行けない時は、レンタルで借りるのがいいですよ。
保管するための場所も取りませんし、考えなくていいので買取がおすすめです!
 

古い着物の処分方法

古くて着ない着物の処分と言っても、思い入れがある物ですから簡単に処分することは難しいです。
手元に残す方法も含めて、簡単に捨てる以外にもいろいろな方法があります。

 

子供にあげる

祖母や母の形見ですから残したい場合、子供のために残しておく方法があります。
メンテナンスや保管方法はしっかりとしましょう。

 

親戚・親族にあげる

親戚や親族に着物を着られる方がいて、好みの着物があれば着てもらうのもいいですね。

 

友達や知り合いにあげる

身内にもらってくれる人がいない場合、着物に興味がある友達や知り合いにあげる方法もあります。
着物は簡単に洗えないので、専門業者でのクリーニングは高額なので相手にお願いしましょう。

 

リメイクして服やバックにする

やっぱり思い入れがある着物を手元に残しておきたい場合、着物のままの形ではなく違う形に生まれ変わらせて使ったり置いておく事もできますね。

 

ゴミとして捨てる

誰も引き取り手のない着物はやっぱりゴミとして捨てましょう。

 

リサイクルとして引き取ってもらう

リサイクルショップで売ったり、無料で引き取ってくれるリサイクル業者に引き取ってもらう。

 

メルカリやヤフオクなど個人で売る

着物や帯の数が少なければ、個人で売る事もできます。

 

買取業者に買い取ってもらう

買取業者にすべての着物、帯、和装小物を買い取ってもらう。

着物の出張買取ならバイセルがおすすめ


処分するにはいろいろな方法があります。
思い入れが強い着物を処分するのは簡単にはできないと思いますので、あなたに合った方法で着物問題を解決させてください!

着物買取は出張買取の他に、宅配買取、持ち込み買取と、3種類の買取方法があります。
自宅に買取の査定員が来てほしくない方には、宅配買取でダンボールにたくさん着物を詰めて会社に送る買取方法もあります。

全てが希望の高値が付くとは限りませんが、一気に不要になったたくさんの着物が売れるので簡単に処分できます。

 

遺品の着物をリメイク

母や祖母の遺品、形見の着物って、処分したくてもなかなか捨てにくいですよね。
ただ捨てるのはもったいないからと言って、形見や遺品を簡単に売るってことも気が引けますよね。思い出がたくさんある親の遺品や形見ですから、簡単に手放すことが出来ないのが普通かもしれませんね。


古い着物は買取や売る以外にも処分方法はあります。
一番いいのは、着てくれる人にあげたり譲ったりするのがいいですが、いなければ自分で保管するしかありません。
遺品なので故人の思い出がありますので、思い出と一緒にもらってもらうのがいいですよね。

保管するにしても場所を取ったり保管が大変だったりしますので、違う形にして部屋に飾ったり、バックやスカートなど、いつも身につけられるものにリメイクする方法もあります。
タンスや押入れの奥に着物をしまってしまうと、なにかない限り出すことがなくなり、見る機会や思い返すこともなくなってしまします。これでは寂しいですね。

少しでも親の思い出を大切にして、いつでも思い出せるように親が着ていた着物をリメイクして、持ち歩いたり着たりする方は増えています。
リメイクするアイテムも、小物だけでなく、バックやスカートなどにしてくれるお店もあります。
ネットで「着物 リメイク」って検索してみるとたくさん出てきます。
ドレスやスカートなどの服や、バックや小物などいろんなものにリメイクできます。
リメイクされブログで書かれてる方もいますので、とても参考になります。

 

母の遺品は着物以外にもいっぱい




遺品や形見は着物だけではないです。
他にもいろいろなものがいっぱいあって遺品を整理するのは大変です!

簡単に片付けられるようなイメージでいる方もいますが、実際にやるのは大変です!
できれば、親が生きてるうちから生前整理というかたちで、親と一緒に片付けるのがいいですね。

思い出の品物を見ながら、昔の話をしながら親との時間を共有するのがおすすめ!


母の遺品整理の時に実家の片付けをすると、当たり前ですが実家には親の遺品がたくさんあります。
自分が子供のころに作った思い出の品物もたくさんあります。

お父さんやお母さんが取って保管してくれてたりしますからね。
親は子供の思い出を捨てることはないですからね。

いままで普通に生活していた家の中には、生活に必要なものがたくさんあります。
生活に必要な大きいものから小さいものがたくさんあります。
ぱぱっと簡単に片付けることができる量ではないです。

少しずつ片付けができれば、自分で片付けできますが、実家が遠かったり、時間がなかったりすると自分ではできません。

そうなると遺品整理を業者にお願いすることになります。
お金はかかりますが、片付けはすぐ終わりますし、大切なものは見つけてくれます。

一気に片付けたいなら、やはり遺品整理の業者に依頼するのが早いですね!
遺品整理の業者も増えていますし、遺品や形見は着物以外にもいろいろな物がたくさんありますからね。